ヒノキチオールとは

有効成分 ヒノキチオール

ヒノキチオールは、1936年、野副鉄男博士が台湾ヒノキの精油成分から発見したのが始まりで、抗菌効果や炎症を鎮める働きを備えています。また浸透力があり、接触時間が長いほど殺菌的に働くことがわかっています。

抗菌活性について

細菌のほか真菌にも抗菌効果があり、大腸菌やカンジダなどの病原菌だけでなく、非病原菌への作用も多数報告されています。また長期使用しても、耐性菌の出現がほとんどありません。

●抗菌活性を示すものの一例

MRSA

ガンジダ

大腸菌

緑膿菌

黄色
ブドウ球菌

歯周病原菌

う蝕病原菌

ヒノキチオールを使った製品

食品添加物としても利用されているヒノキオールは、口腔清涼剤をはじめ、殺菌剤、養毛剤、抗菌効果を利用した衣類品・生活用品など、私たちの暮らしの中の様々なものに使われています。

この先のページで提供している情報は、医療関係者、または介護関係者を対象に作成した情報です。
一般の方が理解しやすいように配慮されたものでないことに十分ご留意ください。

あなたは、医療・介護関係者ですか?